Q&A

よくある質問

施術内容の詳細や完了までの期間

口腔内の環境によって、治療方針や期間が左右されます。そのため、症状や通院の目的をお伝えいただき、それぞれの患者様にとって最適な治療方法を選択していきましょう。保険診療と自由診療も行いますので、費用面のご要望にもお応えが可能です。また、口腔外科も診察・治療していますので、転院などの処置を取らずに一生涯の口腔内の健康をサポートし続けていきます。

Q 他の人へ歯周病は移りますか?
A

歯周病は感染症のため他人に感染する可能性はありますが、感染力はそれほど強くなく、抵抗力があれば歯周病菌に感染することはありません。

Q 健康保険は歯周病治療にも使えますか?
A

一部の先進医療や手術などは基本的に健康保険適用外となりますが基本的な治療は健康保険の適用範囲内です。

Q 歯石はどのくらいの頻度で歯科医院にとりに行ったらいいでしょうか?
A

通常は1年に3〜4回がよいと言われています。正しく歯磨き(ブラッシング)を行っていれば、個人差はあります歯石は付きません。

Q ホワイトニングはホームホワイトニングとオフィスホワイトニングどっちがいいのですか?
A

どちらがよいというものではなく、単なる方法の違いと考えていただいたほうがよいです。 ホームホワイトニングはお家で行うので、安全面から薬剤は低濃度で時間がかかります。 しかし、オフィスホワイトニングは高濃度の薬剤を使用するため、クリニックで行い短時間で完了します。 患者さまの要望に合わせて選択してください。ホワイトニングの対象は「健全なエナメル質」であることが基本ですので患者さまの歯の状態にはご注意いただきたいです。

Q ホワイトニングは個人差がでますか?
A

一般的にホワイトニングの効果は個人差があると言われています。 もともと歯の色が濃い方、変色してしまっている方はホワイトニングの効果が出にくい場合があります。 また、 ホワイトニングは施術後半年〜1年経過すると色が後戻りする場合があり、むし歯の治療などで歯が黒く変色してしまっている方や人工の歯にはホワイトニングは施せません。 コーヒーや赤ワイン、タバコ、カレーなど色の濃い食べ物を好む方はホワイトニングをした後に色の後戻りが早く起こる場合もあります。

Q ホワイトニングって痛みはでないの?
A

正常な歯の方でもホワイトニング中に軽い痛みを感じることがあります。一過性の痛みですので、ホワイトニングの終了と同時もしくは通常24時間以内には収まります。歯磨きで歯の根元がくびれてしまっている場合、歯が削れてしまっている場合や歯にひびが入っている場合、エナメル質が薄い場合、詰め物に隙間がある場合など歯の状態によってお薬が歯にしみる場合もあります。

Q 安全性は大丈夫?歯へのダメージはある?
A

様々な大学や研究機関の発表により、ホワイトニングの安全性は「歯にダメージを与えない方法」として確立されています。米国食品医薬品局(FDA)でも成分の安全性を保障しています。 しかし、これは人体に対する影響で歯単独で考えるとおそらく薬品ですので少なからずダメージがあることも予想されます。日本でも過酸化尿素のホワイトニング剤は厚生省が認可を出しているので問題ないことがわかります。 また、唾液に含まれるフッ素等の成分によって再石灰化等による回復が期待できます。

Q どれくらい歯の白さを持続できる?
A

持続する期間はその方の諸好物、色に対する感覚、歯の構造などによって個人差がでます。「色が付いてきたな」と思ったらホワイトニングをして下さい。

Q しっかり歯磨きをしているのですがそれだけでは不十分ですか?
A

歯ブラシで磨いているだけでは、歯を磨くのがどんなに上手な方でもどうしても磨き残しが出てしまいます。 歯ブラシだけでなく糸ようじなども使用して歯と歯の隙間をきれいにしましょう。 定期検診を通して歯科医院でクリーニングをすると、なお効果的です。

Q フッ素の働きはなんですか?
A

フッ素には虫歯になりにくく、丈夫な硬い歯を作る働きがあります。 普段の生活の中でもフッ素入りの歯磨き粉やマウスウォッシュを使用することをおすすめします。 医院内でもフッ素の塗布を行っております。

< 12 3 4 >